ルノアールバイトはどこがきついのか?

ルノアールバイトはどこがきついのか?

朝6時から仕込みがはじまり、開店までにほとんど終わらせないといけないのは大変です。全部手作り、コーヒーも自分たちで分量を覚えて作らないといけないので覚えるまでが大変でした。

 

それに、朝仕込みも2人でやるので、仕事が早い人でないと普通に開店時間に間に合わないです。昼間混む時間帯だとカップを洗う暇がなくなってしまったり、机を拭く暇がない時もあります。

 

人手不足の時などは一人一人の負担が大きくて、学生などが急に休むとバタバタして一日終わります。だから、体力も必要ですね。

 

また、コーヒーが好きな人であればいいのですが、空腹でコーヒーの匂いを嗅いでいたり、一日中コーヒーの匂いを嗅いでいると自分は飲みたくなくなりました。

 

ルノアールのアルバイトできついところは、何と言ってもおしとやかさを身にまとわなければならないということです。

 

ルノアールの客層はスターバックス等と違いどちらかというと年齢が高めの方が多いです。そのため軽い感じの接客はできません(一部にはそういう店員さんもいるかもしれませんが・・・)。

 

私がかつてアルバイトをしていた時は学生気分で軽い感じで接客をしていましたが、店長のみならずお客さんからも注意を受けました。なんども改善しようとしましたが、どうしても雰囲気が合わず結局半年で辞めてしまいました。

 

もしも今ルノアールでのアルバイトを考えている方がいらっしゃれば、自分の素性と照らし合わせて考えて見てください。おしとやかな雰囲気を纏えない方はやめたほうが吉です。

 

「男性にはキッチンに入ってもらってるんだよ。」と言われ、強制的にキッチンに配属になりました。

 

フライパンなどの重いものを持つことが多く、手首を痛めそうでした。スタッフは、教育がしっかりとされていて好感が持てます。それを、自分がやらなければならないとなるとで大変で、先輩スタッフから罵声を浴びせられていました。のんびりした雰囲気の裏で、スタッフはこんなにも努力をしているのです。

 

喫煙所が減っている現在、タバコが吸えるルノアールは重宝されているようです。タバコとコーヒー一杯で、すぐに帰られるお客様もいらっしゃいます。

 

そんな、社会の仕組みや今まで知らなかった常識を、学べただけでも働いた価値はあると思います。

 

ルノアールのレトロな雰囲気が大好きでよく通っていました。ここでバイト出来たらいいかもと思いネットからバイト募集を見て応募しました。

 

しかし、客としてではなく働くとなると人間関係があまり良くありません。スタッフは女性が多いので、無視されたりごみ捨てや掃除を押し付けてきたりと、ちょっと悔しい思いもしました。

 

シフトも用事があり休みたい日があっても出勤してほしいとお願いされ、休めなかったこともありました。お昼から14時くらいまでは大変混むのですが、注文間違えをしてしまったり、最初はメニューが覚えられなくてとても苦労しました。

 

お客さんは年配の方が中心で落ち着いた方が多くその点は助かりました。とはいえ、、喫煙席になっているので煙草が苦手な私には煙がちょっとキツかったです。

 

オフィスが密集している都心のルノアールでバイトをしています。オフィスが近い事もあり、お客様の大半は会社員と思われるスーツ姿の方ばかりです。特に昼前後になるとおそらく商談と思われることを店内で行っているのが散見されます。

 

当然その時間帯になると席もほとんど満席となり、バイトの仕事も忙しくなります。平日の昼がバイトをしている中でお客様対応に追われるのできついです。ただし、一度注文されたものを運び終われば比較的長く滞在されるので、小休止はできます。

 

回転率は決して高い方では無いと思いますが、順番待ちをされているお客様対応もあります。なので、なかなか休める時間は取れず、基本的に立ちっぱなしの仕事になります。

 

立地条件で忙しさはだいぶ変わると思いますのでなるべくオフィス街は避けた方が良いと思います。