このバイトはどこがきついのか?

アピールできるような経験がない人でも魅力的なエントリーシートを作れる、少しずるい方法

「23卒の就活はやばい」

 

そんな声があちこちから聞こえてきますね。

 

コロナ禍に加え、ウクライナ危機も起こっています。ますます不景気になり、採用を絞る企業が増えていったとしてもおかしくはありません。

 

あなたも強い危機感を持っていますよね。

 

そんな状況で優良企業の書類選考を通るにはどうすればいいのか?

 

エントリーシートを自分で書かないことです。人事部長や採用担当といったエントリシートを選考する側の専門家に書いてもらいましょう。

 

ずるいかもしれませんが、それが一番確実で手っ取り早い方法です。

 

本・セミナー・ブログ記事・先輩のESなどを読んでわかった気になるのが一番危険です。

 

ちょっと勉強しただけの素人の意見が的外れだったり薄っぺらかったりするのは、SNSやYouTubeやTVのコメンテーターを見ていればわかりますよね。エントリーシートでずれたアピールをしていたり、致命的なミスをしていたら取り返しがつきません。

 

それに書類選考で落ちまくるとメンタルをやられます。そんな状態では、仮に面接までこぎつけたとしても自信をもって受け答えできません。

 

面接で好印象を与えるためにも、書類選考の通過率は高い状態にしておく必要があります。

 

専門家の探し方

 

エントリーシート作成代行会社に依頼するという手もありますが、かなり値が張ります。就活は何かとお金がかかるので、出来るだけ節約したいですよね。

 

なので、ココナラというスキルを持った人とのマッチングサイトを使うのがいいでしょう。直接専門家に依頼できるので格安です。

 

ただ、専門家個人が提供しているので依頼が殺到すると、しばらく受付できない場合もあります。いいなと思う専門家がいたら早めに依頼しましょう。

 

まずは専門家たちの経歴や口コミなどをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

>>どんな専門家がいるかココナラを見てみる