東急ハンズバイトはどこがきついのか?

東急ハンズバイトはどこがきついのか?

場所にもよると思いますが、倉庫が暑くて汚いのがきついです。店舗から電車で移動でした。

 

扱う商品によると思いますが、私が配属されたところは布の商品が多く、常に繊維のようなものが舞っていました。吸い込まないようにマスクをしていましたが、毎日帰ると鼻の中まで真っ黒でした。

 

品出しは重い商品や売れ筋だとかなりハードで、汗だくになりエプロンがすぐに汚れるのに、「エプロンが汚い」と呼ばれたことがあります。

 

すぐに汚くなるような仕事させているのに。ほとんどがバイトと契約社員で数少ない正社員さんは訛りがすごく、遠いところから転勤させれているんだなぁと感じました。

 

華々しい場所に出店していますが、裏はかなりダークな仕事場だと思いました。

 

お客さんに商品の場所をよく聞かれるので、商品がどこにあるのかをしっかりと把握していなければならない。

 

お客さんに商品の説明を求めても説明が曖昧であったり商品についてあやふやだったりする。そのような中でお客さんが欲しい商品を見つけるのは難しい。商品が売り切れて無いのか、お客さんが見つけられないだけなのかを会話の中で判別しなければならない。

 

フロアも広く、商品数も多いので、バイトを始めた数日はお客さんに商品の場所を聞かれても答えられない事が多く大変である。

 

バイト内容も品出しが終われば数時間立っているだけという時間が多い。暇な時間でもそれぞれに担当があるため、他の場所をうろついたりすることができない。その為とても時間が長く感じてしまう。

 

商品の種類が非常に多く、その商品を覚えていくのが大変でした。

 

お客様によっては商品の使い方やその詳細をいろいろな角度で質問してくる方もいらっしゃるので、それに対応していくのが非常に苦労したのを覚えております。中には専門的な商品もあるので逐一入荷した商品についてリサーチしていたと思います。

 

品だしや在庫に関してもそれなりに入れ替えがあるので時間が非常にかかったかと思います。その度に棚を変えたり陳列する順番を気にしたりと常にお客様目線でヒットするように神経を使って商品棚を作っていました。

 

また、売り切れる商品も中にはあり、在庫の調整にも日々気を付けていてできる限り整った店舗作りを皆で頑張った記憶があります。

 

ハンズメッセの臨時スタッフとしてアルバイトをしました。短期だったので一概には言えませんが、勤務期間中感じたことはフロアを歩いていると常にどこに何があるか聞かれたことです。

 

私はほとんどレジにいたのであまり聞かれることはなかったのですが、トイレに行く際、休憩に行く際、常に聞かれていたのでフロア担当の方はいわば場所案内のプロでなければいけないと思いました。私が働いていた所は5階から8階まであったので4階分のフロアのどこに何があるか覚えるのは至難の技だと思います。

 

また、ハンズメッセ中はお客様の買う量も凄まじくレジは長蛇の列だったので1年に一回とはいえかなり大変だと思いました。

 

あと、ずっと立ちっぱなしなので腰痛持ちの方などには辛いと思います。

 

店内にいろいろなものが売っているから仕方のないことではありますが、少し見回せばすぐにわかるのにお客さんからこれはどこにあるのと何度も聞かれるので疲れます。

 

また、たまにではありますが横柄な態度のお客さんがいらっしゃってひたすらタメ口で接してきたり、明らかにお客さん側のミスなのに店員側にいちゃもんをつけてきたりされると精神的にかなりきついです。

 

それから、東急ハンズでは土日や祝日に子ども向けの工作体験教室のようなものを開催することがあるのですが、その手順を覚える暇もないまま現場監督として入らざるを得ないこともあるのでなかなか大変です。難しいものではないので大抵はなんとかなりますが、最初のうちは失敗したらどうしようと緊張しました。

 

店舗によるとは思いますが、アットホームなバイト先だと思います。様々な年代のバイトがいますが、私が学生なのもあり主婦層のバイトさんたちからはかわいがってもらえていますし、正社員の方々も若い人の間で流行っているものはなにかと私たちに聞いてくることがあります。

 

東急ハンズでバイトをするには最低限のコミュニケーション能力、いろいろなお客さんへの対応力が求められると思います。

 

お客さんにこれどこにありますかと聞かれる事が多く他のフロアに何が売っているのかを覚えさせられて大変だった。その場所を案内するときにAからCまでフロアがあり階段で移動するのが大変だった。

 

棚卸しで品数が多いので数えるのが大変だった。専門フロアなどに配属されると部品などを覚えなきゃならないのと専門的なことを聞かれるのでわからないとクレームになったりした。

 

長時間の立ち仕事も疲れるしラッピングなどもやらなければならないのと、ハンズのポイントカードの入会開拓をしなきゃならないのも苦痛だった。

 

たまにデモンストレーションなどでおすすめの商品をアピールしなければならない事や納品も数が多くて面倒に感じる事が多かった。

これから来るコロナ不況に危機感を持つ人達が殺到中

元上場企業社長も賞賛。京大MBA・IQ148以上の頭脳が導き出した、資金と時間が少ない状態で事業を作る具体的な方法とは?

続きを読む